• 帝京大学医学部救急医学講座
  • 〒173-8605
    東京都板橋区加賀2-11-1
  • TEL : 03-3964-1211(代表)
    FAX : 03-5375-0854
  • Email: sosei36-office@umin.ac.jp
  • 株式会社ドゥ・コンベンション
  • 〒101-0063
    東京都千代田区神田淡路町2-23,5F
  • TEL : 03-5289-7717
    FAX : 03-5289-8117
  • Email: sosei36-office@umin.ac.jp

プログラムProgram

特別企画

第1日目(11月25日)16:10~18:10 第1会場

心肺蘇生法普及動画コンテスト

第2日目(11月26日)13:10~14:10 第1会場

通信指令業務における迅速な心停止の察知と口頭指導を目指して(仮)

特別講演

第1日目(11月25日)14:25~14:55 第1会場

1.Global Resuscitation Allianceの活動

田中 秀治(国士舘大学大学院救急システム研究科)
第1日目(11月25日)15:00~15:40 第1会場

2.Saving more lives globally through resuscitation
(ILCOR 2016-2020 Strategic Plan) —Nepal 訪問で考える—

岡田 和夫(日本蘇生協議会)
第2日目(11月26日)14:15~15:05 第1会場

3.病院前救護における蘇生中止と死生学:死の多重基準の意義

丸川 征四郎(医誠会病院)
第2日目(11月26日)15:10~16:00 第1会場

4.傷病者の意思に沿った救急現場での心肺蘇生

田邉 晴山(救急救命東京研修所)

教育講演

第1日目(11月25日)9:05~9:55 第1会場

1.学校における心停止の実情と対応

太田 邦雄(金沢大学医薬保健研究域小児科講座)
第1日目(11月25日)10:00~10:50 第1会場

2.多施設RRSオンラインレジストリからの知見

藤谷 茂樹(聖マリアンナ医科大学救急医学集中治療部)
第1日目(11月25日)10:55~11:45 第1会場

3.ソーシャルネットワークを活用した救命支援システムの構築

石見  拓(京都大学環境安全保健機構 附属健康科学センター)
第1日目(11月25日)13:30~14:20 第1会場

4.母体蘇生

山下 智幸(日本赤十字社医療センター)
第1日目(11月25日)9:05~9:55 第2会場

5.近年のマスギャザリング医療の考え方と課題:2020年東京オリンピック・パラリンピックに係る救急・災害医療体制を検討する学術連合体(コンソーシアム)が果たす役割

森村 尚登(東京大学大学院医学系研究科 救急科学)
第1日目(11月25日)10:00~10:50 第2会場

6.救急医療施設における脳死患者への対応と臓器提供

横田 裕行(日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野)
第1日目(11月25日)10:55~11:45 第2会場

7.重症頭部外傷における脳蘇生の有効性と限界

横堀 將司(日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野)
第1日目(11月25日)14:25~15:15 第2会場

8.ガイドラインエビデンスからみた敗血症の初期蘇生

松嶋 麻子(名古屋市立大学大学院医学研究科先進急性期医療学)
第2日目(11月26日)9:05~9:55 第1会場

9.2020年ガイドライン改訂に向けてのJRCの取り組み

野々木 宏(日本蘇生協議会)
第2日目(11月26日)10:00~10:50 第1会場

10.体温管理療法を含む二次救命処置の展望

長尾  建(日本大学病院 循環器病センター 循環器内科)
第2日目(11月26日)9:05~9:55 第2会場

11.蘇生についての研究結果の解釈:アドレナリン投与の効果に関する研究を例として

中原 慎二(帝京大学医学部救急医学講座)
第2日目(11月26日)10:00~10:50 第2会場

12.重症外傷患者の蘇生戦略

水島 靖明(大阪警察病院 ER・救命救急科)

※講演テーマ、タイトル等は変更になる場合があります。

Copyright © 2017 The 36th Annual Meeting of the Japanese Society of Reanimatology. All Rights Reserved.